神奈川クリニック  ウェーブフロントレーシックで視力回復のご相談・申し込みについて   

神奈川アイクリニック レーシック

神奈川アイクリニックで視力矯正「レーシック」をする視力回復術で後遺症などの失敗もなく手術費用も安い。

| HOME | 神奈川クリニック眼科 ウェーフロントレーシックについて |

更新日 2010-12-06 | 作成日 2007-11-14

神奈川クリニック ウェーブフロントレーシックの手術について

神奈川クリニック  ウェーブフロントレーシック手術について

HL011_L.jpg














ウェーブフロントレーシックについて

  • ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)は、
  • これまでは不可能だった細かな高次収差(歪み)をウェーブフロントアナライザーという高精度の検査機器で解析し、そのデータを元にレーザー照射を行うレーシックです。


  • 収差を矯正することで、通常のレーシックよりさらに視界のボケやにじみが改善され、例えば同じ1.5の視力でもよりクッキリと見える1.5になるなどの「見え方の質の向上」が期待できます。



  • ウェーブフロントレーシックでは、まず、ウェーブフロントアナライザーで眼球全体を波面(Wavefront)として捉え、それを波面解析(Wavefront Analysis)技術によって眼光学的にデータ解析を行います。そして、ウェーブフロントアナライザーと直接データをリンクさせて、高次収差を無くすようにエキシマレーザーを照射します。


  • 神奈川クリニック眼科で導入しているこのような方式は、正式にはWavefront-guided LASIKと呼ばれる本格的なものです。
  • なお、このウェーブフロント技術によるレーザー照射が可能な手術の種類は、イントラレーシックレーシックエピレーシックラセックとなります。
  • また、ウェーブフロントによる手術はオプションとなり、両眼+5.8万円の追加費用が発生しますが、適応の有無を調べるウェーブフロントアナライザーでの検査は無料です。
  • 上記レーシック手術をご希望の方は、術前検査ご来院時にお申し出ください。


カウンセリングについて

カウンセリングではレーシックの手術が可能どうかなど、瞳の状態を医師が判断してあなたに最適な手術方法をご提案いたします。
色々なレーシック方法の中からあなたにピッタリ合ったレーシックをお選びいたします。

手術について

stp_intralasik01.jpg

眼内を洗浄・消毒したあと、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行います。

arrow.gif


stp_intralasik02.jpg

開瞼器で、手術する眼のまぶたを固定し、角膜にマーキングをします。これにより、術後、フラップを元通り正確な位置に接着させます。
マイクロケラトームという医療器具を用いて、フラップを形成します。

arrow.gif


stp_intralasik03.jpg

フラップをめくり、角膜の実質層にエキシマレーザーを照射、角膜の屈折力を調整します。
照射時間は当院のエキシマレーザー(コンチェルト)であれば5秒程度で、指示に従って光源を見ていただいている間に終わります。

arrow.gif


stp_intralasik04.jpg

余分な水分や異物などは洗浄してきれいに取り除き、入念な消毒をした後に、マーキングに従ってフラップを元の位置に戻します。フラップは自然に接着されます。

arrow.gif


stp_intralasik05.jpg


開瞼したまま2分程度安静にしてから点眼薬をし、レーシックは終了です。


レーシック手術後のアフターケアについて

※術後の経過には個人差がありますので、以下は一応の目安とお考えください。


眼を清潔な状態に保つため、外出時は1週間ほど保護用眼鏡(無料でお渡し致します)をご使用ください。

内服薬・点眼薬(無料でお渡し致します)を医師の指示通りご使用ください。
飲酒・喫煙については、3日間はお控えください。

仕事は、基本的に翌々日から可能ですが、職種によって差がありますので、医師にご確認ください。

読書やテレビ・パソコンは無理をせず疲れない程度にしばらく控え、自動車・バイク等の運転は夜間の見え方に慣れるまでは控えるようにしてください。

眼に負担がかかるスポーツ(水泳など)は、約1ヶ月後から可能です。詳細は、担当医にご確認ください。


↓予約、お申し込み、ご相談はこちらからお願いします↓↓

視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科